スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2016.04.30 Saturday | - | - | -
RadialのX-AMP導入しました

 RadialのX-AMP導入しました。

この方の役目はリアンピングです。
リアンプとか逆DIと呼ばれていますね

写真では
左がRadialのX-AMP(アクティヴタイプ)
右がRadialのPRO RMP(パッシヴタイプ)になります。

実は以前よりPRO RMPの方は何気にスタジオに置いてあったので結構皆様に
利用されておりました。
今回はX-AMPを導入したので合わせてご紹介します

レコーディングスタジオとしては当然、キャビをマイクで拾ってぇ〜と
言いたい所ではありますが・・・

コストと時間に限りがあるのに、ミステイクを連発しようものなら
他メンバーの背後にはきっと仁王像の幻影が見える事でしょう。

このX-AMPをつかえば事前にラインで録っておき、
ローインピーダンスをハイインピーダンスに変換し
ヘッドアンプを通すことによりプリ管の暖かい音にかえることが
できます。

というわけで「時間短縮」に役立つのではないでしょうか?
最近はPODなど優れもののアンプシュミレーターが多数出ていることですし
マイク拾うより良い結果を生むこともあるようです。

Radialシリーズは見た目こそ派手ですが、音は素直でとてもいいですね。
リアンピング、おススメです。

Radial:X-AMP
http://www.electroharmonix.co.jp/radial/xamp.htm

もひとつ
先月2台導入したRupert Neve Design のPORTICO 5024ですが
商品ページがまだ無いと指摘したところ
早速担当者、がんばった様で紹介されておりました!!
カンで使ってましたが的確な説明でよーく理解できましたよ。

ウチをご利用されているエンジニア様、多数より大絶賛です。
是非使っていただきたいですね。

フックアップ Portico 5024 Quad Mic Pre 

http://hookup.co.jp/products/proaudio/5024.html



レコーディングスタジオ ゴーティ
http://www.studio-gt.net/


2012.03.01 Thursday | オーナーから | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2016.04.30 Saturday | - | - | -
<< T-RackS 3 Deluxe導入しました | main | NEVE 33609/Cを導入 >>
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://studio-gt.jugem.jp/trackback/37
トラックバック

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--