スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2016.04.30 Saturday | - | - | -
エアコンポンプOFFスイッチ完備!

早くも2013も半月が過ぎようとしておりますが大変遅くなりました
あけましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願いいたします!

スタジオのちょっと困った問題を解決できたのでご報告いたします。
 演奏ブースのエアコンポンプの音を完全にOFF出来るようにしました。

演奏ブース内のエアコンとポンプの同時ON/OFFスイッチをスタジオ入口付近の壁に新設しております。
一体何のために?とお思いでしょうがこれでやっと今まで苦しめられていた問題が解決できたのです!!

どういうことかと言いますとエアコンで冷房を使用すると必ず水が発生しますよね。
通常は上部にあるエアコンのドレンホースから下部にある室外機に水が流れて排出することができますが、等スタジオは地下につくられている為逆にポンプで水を上にあげなければなりません。

もしもポンプが動かなければエアコンから水が垂れ流し状態となり、防音用の内装が全部パアになっしまうので非常に重要な問題なのですですのでこのポンプの存在が非常に大切なのですがコイツがまた厄介でして・・・

本来エアコンを止めれば水は発生しないのでポンプも稼動しないハズなのですがたまーになんですが地味ーに動くんですよコイツは。
エアコンを切っているにもかかわらず水の「チョロ」って音が聞こえたりして私を悩ましてました。

それぞれにON/OFFスイッチを設ければ解決するのでは?と考えたのですが先に申し上げたように万一、ポンプのスイッチだけ切ってエアコンだけスイッチが入りっぱなしだったら大事故につながりますので必ずスイッチは1個で同時にON・OFFできなければなりません。
しかし、エアコンは200V、ポンプは100Vのためなかなか一緒にOFFというわけにはいかないのです。

そこで登場したのでマグネットスイッチ!
こいつの存在は今まで知りませんでしたが、簡単に説明すると負荷電流がながれると熱膨張で金属が湾曲する事を利用したON/OFFスイッチってモノが存在しておりまして、要する片一方の電源をOFFると引っ張られてもう一方も同時にOFFれるのでスイッチは1個で良いのです。

しかもアキバで3000円ポッキリ。
マグネットスイッチの存在を知っていれば簡単に解決できる問題でした。

そんな訳で録りの際はスイッチを切って下さいね!

因みに冬期暖房時は一切水が発生しませんし、ポンプの中の水もカラカラなので勝手に稼動することもありませんからなーんにも気にすることはありません!
気にするのは梅雨の5月〜9月くらいまでだと思います。

今回の件、まわりのエンジニアの方々からは気にならないレベルだし問題ないと言われてはいたのですが私としては大きな憂いとして残っていました。
やっとこの問題が解決できましたので皆様にご報告させていただきます。

レコーディングスタジオ ゴーティ
http://www.studio-gt.net

 

 

 


 

2013.01.15 Tuesday | オーナーから | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2016.04.30 Saturday | - | - | -
<< ワイヤリング工事のおしらせ! | main | Antelope Orion 32が遂に届きました! >>
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://studio-gt.jugem.jp/trackback/54
トラックバック

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--